知らないと損するITILの必要性とは

ITサービスのマネジメントは、ビジネス部門で必要なITサービスの安定した提供と、サービスの継続的な改善を管理するための仕組みです。ITが多様化している現在、組織のIT部門には、従来しているシステム開発や構築や運用という役割だけでなく、ITの立場からビジネスを理解、発展に貢献するITビジネスでは欠かせないマネジメントです。ITILとは、ITビジネスのマネジメント成功事例を体系化したもので、サービスの提供を、顧客や事業への価値の提供という目的に向けて統合管理していくためのマネジメント体系を提供しているITシステムのライフサイクルに関するマネジメントのガイドラインです。サービスライフサイクルは、サービスストラテジ・サービスデザイン、サービストランジション・サービスオペレーションの継続的サービスの改善の5つの定義です。

ITILに含まれる5つのライフサイクルについて

サービスライフサイクル・マネジメントは、サービスの価値を高めるためにITILに含まれる5つのライフサイクルの段階全体に渡ったマネジメントを行います。サービスストラテジは、ITサービスを提供する際どのようなサービスをどのような領域で実現するかを戦略的に検討します。サービスデザインは、戦略で決定したサービスの提供や変更を本番環境へ安全に導入できるよう設計しています。サービストランジションは顧客や他の利害関係者の要件に基づいて設計されたサービスを運用段階に移行するための手段や方法をまとめたものです。サービスオペレーションは、サービスデザインで合意された範囲内で顧客に対してITサービスする方法をまとめたものです。持続的なサービス改善は、ほかの4つ挙げたライフサイクルのすべての段階で行われるもので、ビジネスニーズに対応しながら、魅力的なサービス提供のために継続的な改善手段をまとめたものです。

ITILの始まりと資格試験取得

ITILの歴史は英国の政府が1980年代にIT管理を根本的に見直すため文書にまとめたことから始まりました。ITを活用したサービス管理体系を、サービスライフサイクルでまとめたものがITILです。ITILの認定試験はAXELOSが一元管理しており、世界共通の同一試験なのでどの試験センターや、試験期間や教育事業者で受験しても同じですので海外でも通用する資格となっています。各認定試験に合格すると、単位が取得できる仕組みです。ITILを学ぶ利点は、サービスという視点で利用者側を中心としたITを考えることができ、ライフサイクルの視点で管理の全体像が分かり、サービスを提供するために必要は沢山の管理活動がプロセスとして体系化さるエンジニアリングです。試験自体は難易度が高くないですが、用語の理解が必須なので勉強が必要です。

西日本や九州での導入実績も多数ありますので安心して任せることが出来ます。 構成管理とIT資産管理で業務の効率と更に品質の向上をUPさせる為の支援をします。 経営戦略の見直しの第一歩は、システムの安定稼働から。 全国どちらでもサービス提供し、利用ユーザの規模を問いません。 格安なスモールスタートプランもご用意しています。 導入するだけでITILに沿った運用が実現します。 ITサービスのテンプレITILはSmartStageにお任せ